スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茎永のホットドック屋さん 

南種子町茎永にサーファーさんがやってるおいしいホットドック屋さんがあるらしい。
知り合いの女の子が「おいしいですよ!」と絶賛していた。
あいにく私はなかなか茎永まで行く用事がなくて
まだ買って食べてみたことがないのですが、食べたい。
今度行ってみよう。

きのう西之表サムズ入り口にも新しい食べ物屋さんを発見。
走りながらでしたがどうやらタコス屋さんみたい。
酢ダコなら食べたことあるけどタコスはまだ食べたことない。
どんな味なのかなぁ。食べてみたいなぁ。

タコス屋さんはサーファーさんかどうか定かではないですが
種子島にはサーファーさんがやってる個性豊かなお店が他にもあります。
新しい味といっしょに新しい風を島に運びこんでくれる
サーファーの人達に感謝。
もちろん伝統の味を守り続ける島の人にも感謝。




スポンサーサイト

コメント

このホットドッグ屋さんうちの近くに住んでます。地域の活動にも快く参加してくれて、とても親しみやすいご夫婦です。島に在住のサーファーさんたち、地域に溶け込む努力をしつつ頑張ってますよね。長谷の交差点を中種子へ走ったら、たこ焼きの屋台?出店?を発見。こちらもサーファーさん奮闘中!私の知人のマサオくんも、元?現役?サーファーさん。うちの旦那と同じ職場で師匠と弟子ン子の間柄。(旦那が弟子ン子)2月に第1子誕生で、お互いに愚痴を言いつつ、聞きつつ(焼酎飲むのは結婚してからだいぶ減ったよね-)頑張り、奮闘真っ最中。

>種暇さん、今日も暇してますか。
それは国道沿いの「×」と書いて
あるたこ焼き屋さんですね。

いつも車を走らせてると突然出現するので
(私にはそう感じる)
「あったこやきっ」と思ったときには
通り過ぎてしまいます。

あちらも元?現役?サーファーさんだったんですね。
サーファーさんにはチャレンジャーが多いですね。
もっとも島に来て好きなことのために
新しい生活を始めるというのがすでに
大きくチャレンジングなことですもんね。

サーファーの島?

こんにちは。

種子島は良いサーフィンスポットが
多いようですねぇ~。

サーファーが居着いて、地域にとけ
込もうと努力。こんな話題は佐渡で
は聞きませんもの..。

やはり亜熱帯の島と言うこともあり
ますしね。ホットドック屋さんをは
じめ、定住されるようになった方々
からどしどし新しい事業を起こして
もらえれば、島の活性化にも一役買
いますね..。

私の故郷、佐渡島でも同様の事が起
こると良いのですが..(笑)。

好きなことのためならば?

地理佐渡さん、こんにちは。

「島へ。」の5月号の特集は屋久島と種子島で
種子島の見出しは「移住者の聖地」。

どういう意味で「聖地」なのか
手にしていないので想像ですが
サーファーにとっての聖地なのかなぁと
思っています。

サーファーさんたちには"サーフィンをしたい"という
目的と自分の中の優先順位がしっかりあって
そのためなら実際生活するとなると避けて通れない
たくさんの面倒なこともクリアできるのではと思います。

亜熱帯の気候が住みやすいというのも
確かにあるでしょうね。
行ったことはありませんが
佐渡島の冬は厳しいのでしょうね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gotanegashima.blog64.fc2.com/tb.php/16-39345aa8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。