スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種子島から産婦人科がなくなっちゃうの? 

前回に続き後ろ向きな話題ですが
おととい種子島唯一の産婦人科が年内で休診となることが発表されました。
西之表市の池田医院というところです。

理由は周産期医療に対する設備など島内のバックアップ態勢が充実していないため
だそうです。

※「周産期」とは妊娠22週から出産後7日未満の期間
※「周産期医療」とはこの期間の母体、胎児、新生児を総合的にケアする医療

出産後母体が急変し入院中にお母さんが亡くなったという悲しい話も聞いた
ことがあります。ほとんどが問題なく出産されるなかで、ぜったい高齢出産や
妊娠中毒症や早産や出産時の異常といった危険なお産は存在するわけで

そういった緊急時にすぐに設備の整った病院に搬送できるシステムが
整っていないと安全にお産ができないし、何かあった時には責任がとれない
という池田院長の苦渋の決断なんだろうと個人的には想像しました。

が、実際問題島から産婦人科がなくなるとどこで産めばいいの?と
お腹の大きいお母さんが右往左往しなくちゃならなくなるわけで
パーフェクトでなくてもいいからないよりあった方がいいというのが
産む側の気持ちなのではないかと思います。

新聞には院長の「周産期医療は個人の問題ではなく、県・自治体・医師会など
団体ぐるみで取り組む問題」という談話ものっており
さっそく1市2町と熊毛医師会が対策に乗り出したようです。
島で生きていく上で安心して産み育てられる環境というのは
ぜったいぜったい必要だと思うので、採算の問題もあるでしょうが
これに限っては採算度外視でがんばって欲しいと強く思います。

池田医院も「休診」発表なので環境が整ったら再開して欲しいな。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。